理学療法士の手取りは300万円台⁉|年収を上げる上位資格【3選】

お金の勉強

 この記事を読んでいる皆さんは、現役理学療法士(PT)やPTを志す学生さんが多いと思います。
 「PTは低年収」が現実であり、経済的に不安を抱える方々も多くいるのではないでしょうか?

しゅんぼー
しゅんぼー

筆者もその1人で、どうにか年収UPできないかと考えてみた👀

 結果、筆者は 上位資格の取得+副業をすることで年収60万円UPに成功
 今回の記事では上位資格の取得について詳しく解説します。
 是非最後まで読んでみてださい📖

この記事でわかること

・PTの年収(手取り)の実際
・年収UPさせるための上位資格3選
・取得までの勉強時間や費用
筆者自身が実際に取得したことで年収UPした資格

結論

 PTの平均年収は431万円

令和3年賃金構造基本統計調査
しゅんぼー
しゅんぼー

税金や社会保険料を引かれて、手取りベースで考えると平均300万台

年代が上がれば給与UPしてるけど、高年収とは全く言えないね。

 PTは国家資格ですが、専門資格や認定を取得することで高度な職位や専門領域への進出を目指せます💪
 以下にその例を紹介します。

認定理学療法士・専門理学療法士

認定・専門理学療法士とは、「理学療法における各分野のスペシャリスト」

  • 認定・専門理学療法士制度は、専門性の高い臨床技能を有する「スペシャリスト」。
    個性の育成プログラム
日本理学療法士協会

資格取得の方法・費用

しゅんぼー
しゅんぼー

筆者も現在、「認定理学療法士(脳卒中)」取得に向けて行動中…。今回は認定理学療法士を取得するまでの方法や費用を具体的に説明するよ😁

 まず第一に、「認定理学療法士」を取得する前の必須事項が「登録理学療法士」の取得😱
 「登録理学療法士」は卒後5年間の義務教育的な位置づけとされており、最短5年間で取得できます。これに関しては、①臨床経験5年、②e-learningでの講義が取得条件のため、時間もお金もそれほど掛からず、取得可能です。

「登録理学療法士」は最短満5年で取得だから、「認定理学療法士」の取得は最短でも7年目になる‼


 「登録理学療法士」取得後に、以下の条件を満たすと、認定試験を受けられる。

<申請要件>
 1.指定研修カリキュラムの受講 
 2.臨床認定カリキュラムの受講   

    1)必須科目 2)選択科目 
 3.日本理学療法学術研修大会の参加 
指定研修カリキュラムの受講

 日本理学療法士協会主催のe-learning形式の講義。所要時間は計18時間、費用は13,200円

臨床認定カリキュラムの受講

 日本理学療法士協会が認めた教育機関(病院・養成校など)での講義。講義形式は教育機関によるが、最近はe-learningが多い。所要時間は必須科目22.5時間、選択科目7.5時間、費用は30,000円〜

日本理学療法学術研修大会の参加

 毎年5月頃の週末に開催。2日間ともに「対面」、合計12時間の参加が必須条件。費用は2日間で12,000円(会員の場合)。

結論

【要検討
資格手当がもらえる職場はありだが、取得までの時間・費用かかる

3学会合同呼吸療法認定士

 3学会合同呼吸療法認定士とは、「呼吸療法のスペシャリスト」

  • それぞれの職種(ME、NS、准看護師、PT、OT)において、呼吸療法を習熟し、呼吸管理を行う医療チームの構成要員を養成
公益財団法人 医療機器センター
しゅんぼー
しゅんぼー

筆者は4年目に3学会合同呼吸療法認定士を取得RSTにも配属され、院内に向けて呼吸療法の勉強会等も実施しているよ🏥

資格取得の方法・費用

 3学会合同呼吸療法認定士を取得するには、試験の前に講習会を受講する必要があります。  
 その講習会には受講資格が2 つあり、1つは下記の実務経験年数を有すること、2つ目は認定委員会が認める学会や講習会などに出席していること📓

実務経験年数
臨床工学技士2年以上
看護師2年以上
准看護師3年以上
理学療法士2年以上
作業療法士2年以上
いずれかの免許および実務経験年数を有する者。

PTは免許登録日が1年目の4月下旬になるから、最短で4年目の取得になる人が多い。要確認❗

認定委員会が認める学会や講習会などに出席
臨床呼吸機能講習会日本呼吸器学会講習会への出席を証明する受講証、修了証などの写しを提出。
また、講義を行った場合は講習会名、期日などを示すプログラムと講義の抄録の写しを提出。
呼吸ケアカンファレンス
日本呼吸療法医学会セミナー日本呼吸療法医学会
セミナー委員会
人工呼吸
セミナー
北海道呼吸管理研究会
呼吸療法
セミナー
医工学治療学会呼吸器分科会主催
医療従事者向け講習会・学会 3学会合同呼吸療法認定士
しゅんぼー
しゅんぼー

 おすすめは、「人工呼吸セミナー」費用は10,000円
 「人工呼吸セミナー」は、話題になっているPICSやICU-AW、早期モビライゼーションについての講義を受講でき、試験のみでなく、普段の臨床にも役立つ知識が身につく💪

 以上の2つの条件を達成した時点で、認定講習会に受講できます。
 認定講習会は受講料も安く(e-learningのみは20,000円、会場は30,000円)、時間制約が少ない、e-learningのみがおすすめです👨‍💻

おすすめの勉強法

しゅんぼー
しゅんぼー

実際に試験問題を解いて感じたことは、「かなり難しい…👀」 正直落ちたと思った(^_^;)
認定講習会を受講する際に、500ページ以上のテキストを配布されるんだけど、このテキストを読み込まないと解けない問題も多かったよ😱

 しかし、テキストが配布されて講義を受けるのは試験2ヶ月前。臨床で働きながら勉強するには時間が足りず、合格は難しい😅
 しかも実際の講義は非常にわかりにくいです…。試験に出題されない内容も多く、テキストを網羅するほうが早いと感じました…。

 そこで筆者は、実際に合格された先輩に助言を受けて、以下の問題集と講座を受けて、見事合格できました❗

しゅんぼー
しゅんぼー

講義は要点がまとまっており、試験問題の頻出事項やポイントを説明してくれるよ❗
問題集は実際の試験で出題されるような問題ばかりで、アプリでもできるので通勤時間とかにおすすめ❗


結論

【推奨】取得までの時間・費用が少なく、職場内で部外活動の声がかかる可能性あり

心臓リハビリテーション指導士

心臓リハビリテーション指導士とは、「心臓リハビリテーションのスペシャリスト」

心臓リハビリは単に運動療法のみを行っていれば事足りるものではなく、食事療法や禁煙指導を含めた包括的リハビリを目指すべき

日本心臓リハビリテーション学会

 昨今では、心不全パンデミックと呼ばれる時代であり、心臓リハビリテーションの重要性も非常に高まっているため、病院内での需要も高い資格の1つとなっています。

資格取得の方法・費用

 心臓リハビリテーション指導士を取得するには、主に3つの条件があります。 
 1つは申請時に学会会員であり、申請時の直近2年以上継続して会員であること。2つ目は、心臓リハビリテーション指導の実地経験が1年以上あること、または心臓リハビリテーション研修制度により受験資格認定証の交付を受けていること。3つ目は学会主催の講習会を当該年度に受講していること。


 そして、それらの条件を満たしたら、書類審査が受けられ、心臓リハビリにおける10例の症例報告の提出が必要になります。
 

申請時に学会会員であり、申請時の直近2年以上継続して会員である

申請時期は4月中旬頃から2週間程度

 費用は8,000円/年であり、2年間継続する必要があるため、16,000円は必須

結論

【強く推奨】資格自体の需要が高く、職場内でも手当を貰える職場もある。

 職場内で資格を持っている先輩に、実際に年収がUPしているかを訪ねてみるのも1つの手です。
 しかし、取得するまでには費用(維持コスト含む)や時間がかかるため、総合的に判断してみてください!

タイトルとURLをコピーしました